DIRAの人材養成

-DIRAの人材養成-
 資料のデジタル化を依頼する側とデジタル化を受注する側が  『デジタル情報記録管理についての共通の
知識や技術を持ち、対象物の取り扱い方法を知っている
』  ことが重要です。
 DIRAは、デジタルアーカイブの開発に関するすべての人に、それぞれの立場で、デジタル情報に関する
専門的な知識・技術を身につけていただくための人材養成を実施してます。




様々な活用がなされる素材としての可能性を生むデジタル化~       
 人的資源基盤としての資格制度   DIRAサークル

 質の高い優れた資料価値をもつデジタル情報資料をつくるには、デジタル情報記録管理についての共通の認識と共通の技術基盤を持つ人材が必要とされています。
IRAはこうした人材を養成することで、図書館・博物館などの施設と教育機関、地域、企業などを共通認識と共通の技術基盤で連結することを可能にします。
こうした人材によって結ばれた人的資源基盤を
DIRA
サークルと名づけました。